病院の取り組み

院内感染防止対策について

公立岩瀬病院は、
病院の基本理念に則って、地域住民の皆様へ良質で高度な医療を安全に提供するために院内感染防止対策に取り組みます。

院内感染対策の基本な考え方

(1)患者の安全を最優先します。

(2)すべての職員が院内感染対策の重要性を認識し、院内感染防止策を遵守します。

(3)職員自身も感染源と成り得ることを十分認識し、その他職員の安全確保と医療環境の整備にも配慮します。

組織体制について

病院長 当院の院内感染対策に関する業務を総括します。
   
院内感染防止対策委員会 院内感染対防止策を実施するため、問題の改善や必要事項の決定を行います。
病院の各部門の代表者とICTで構成します。
毎月1回定期的に会議を行います。必要時は臨時に開催します。
院内感染制御チーム 院内感染対策に関する情報を集約し、迅速に対応します。
毎月1回定期的に会議を行います。必要時は臨時に開催します。
リンクナース 現場の問題点や対策など感染対策に関してICTと共に活動します。

(1)院内感染防止対策委員会について

① 院内感染対策全般の検討や推進及び、院内感染の情報収集と分析をします。
② 院内感染防止等に関する職員の教育・研修を実施します。
③ 各種ワクチンの接種等、職員の職業感染防止に努めます。
④ その他院内感染対策に関する事項について検討します。

(2)院内感染管理チーム(ICT)について

① 定期的に院内を巡回し、院内感染防止に向けて院内感染防止対策委員会に提案や報告をします。
② 院内感染対策マニュアルの作成及び見直し、遵守状況の把握と指導をします。
③ 院内の感染症の分析をします。

(3)リンクナースについて

① 病棟、外来等看護単位ごとに1名配置し、現場での問題点の対策等、感染対策に関してICTと共に活動します。

院内感染予防のための教育・研修に関する基本的な考え方

(1)院内感染対策に対する職員の意識の向上と知識・技術の向上を図り、職員への教育・研修を行います。

(2)院内感染防止対策において連携している医療機関の主催する研修会や外部の研修会へ参加します。

院内感染発生時の対応に関する基本的な考え方

(1)院内感染発生が疑われる場合には感染対策チームが情報収集を行い迅速に特定し、感染経路の遮断及び拡大防止に努めます。

(2)適宜、院内感染防止対策において連携している医療機関に相談し、連携を取ります。

患者等に対する当取組事項の閲覧に関する基本的な考え方

(1)当事項は、当院ホームページにおいて、患者または家族が閲覧できるようにします。

(2)当事項は、一般患者向け用として院内に掲示します。

(3)病気の説明とともに、感染防止の基本についても説明して、理解を得たうえで協力を求めます。

平成24年4月1日施行
平成25年5月1日改訂

公立岩瀬病院院内感染防止対策委員会