友だち追加

病院の取り組み

院内感染防止対策について

公立岩瀬病院は、
病院の基本理念に則って、地域住民の皆様へ良質で高度な医療を安全に提供するために院内感染対策に取り組みます。

院内感染対策の基本的な考え方

(1)患者の安全を最優先します。

(2)すべての職員が院内感染対策の重要性を認識し、院内感染対策を遵守します。

(3)職員自身も感染源と成り得ることを十分認識し、その他職員の安全確保と医療環境の整備にも配慮します。

組織体制について

 
(1)院内感染防止対策委員会について  当院における院内感染対策に関する問題分析、改善策を審議し諸施策等を策定します。 院内感染対策を実施するため、感染管理室にて協議された事項を検討し必要な事項に関して実施を決定します。
 
(2)感染管理室(感染制御チーム:ICT)について  院内感染対策の中心的な役割を担い、院内感染等の発生防止のための調査・対策の確立に関しそれぞれの職種の専門性を生かし協力しながら迅速かつ組織横断的に活動します。
 
(3)感染管理室(抗菌薬適正使用支援チーム:AST)について 全診療科の医師が抗菌薬を使用する際に最大限の治療効果を導くと同時に、有害事象を最少限にとどめられるように支援します。
 
(4)リンクスタッフ会について 病棟や外来等に1名配置し、現場での問題点の対策等、感染対策に関して感染管理室と共に活動します。

院内感染予防のための教育・研修に関する基本的な考え方

(1)院内感染対策に対する職員の意識の向上と知識・技術の向上を図り、職員への教育・研修を行います。

(2)院内感染対策において連携する医療機関の主催する研修会や外部の研修会へ参加します。

院内感染発生時の対応に関する基本的な考え方

(1)院内感染の発生が疑われる場合には感染管理室が情報収集を行い迅速に特定し、感染経路の遮断及び拡大防止に努めます。

(2)適宜、院内感染対策において連携している医療機関に相談し、連携を取ります。

患者等に対する取組み事項の閲覧に関する基本的な考え方

 当事項は、一般患者向け用として院内に掲示し、当院ホームページにおいて患者または家族が閲覧できるようにします。


平成30年3月30日改訂

公立岩瀬病院院内感染防止対策委員会