病院の取り組み

手術体験セミナー

平成25年2月2日(土)当院手術室を会場に手術体験セミナーを開催し、市内の中学2年生14人が参加しました。
これは、次代を担う中学生に実際の手術室での体験をとおして、医師や医療従事者を目指す人材の育成を目的に企画したもので、今年で5回目。

会場では4グループに分かれ内視鏡手術のトレーニングシミュレーターなど5つのプログラムを体験しました。
参加した中学生の皆さんは、最先端の医療機器に触れ真剣な表情で実習に取り組みました。

『真剣な表情で、骨折の治療手技実習に取り組む生徒さん』

  • 『術衣に着替え、セミナーの説明を受ける中学生』

  • 『電気メス体験では、鶏肉の切開に挑戦!表情は真剣そのもの!』

  • 『整形体験コーナーでは、模擬骨の骨折部位をプレート固定』

  • 『胃モデル「マーゲン君」を使用した内視鏡体験』

  • 『内視鏡外科手術に用いる鉗子操作体験』

  • 『医師による超音波メスの解説に聞き入る中学生』

  • 『糸結び練習機を用いた結紮(けっさつ)体験』

  • 『閉会式では、三浦院長から修了証書を授与』