診療科・部門

リハビリテーション科

リハビリテーション科へようこそ

リハビリテーションとは?

リハビリテーションという言葉をよく耳にしますが具体的には、
『能力低下の場合に、機能的能力が可能な限り最高の水準に達するように、個人を訓練あるいは再訓練するために、医学的、社会的、職業的手段を併せ、かつ調整して用いることである。』(WHOより)
ということになります。

リハビリテーションは、チーム医療です。チーム医療が円滑に行われなければ、リハビリテーションの目的達成がスムーズにいきません。私たちは、そのチームの一員として医師や看護師等の医療職員と協力をして患者さんの治療にあたっています。

当院リハビリテーション科は、理学療法士(PT)7名、作業療法士(OT)3名の10名で患者さんの治療にあたっています。

当院では主に急性期のリハビリテーションを行っています。急性期リハビリテーションとは、種々の疾患による病状がなお変動している時期(急性期)や手術後早期に開始されるリハビリテーションのことをいいます。かつては、病状の変動が治まり、ある程度安定してからリハビリテーションを始めるという考え方が主流でした。しかし、急性期に開始するほうが効果が上がりやすいことから、近年急性期内に、しかもできるだけ早期に開始すべきであるという考え方に転換されています。

当院における対象疾患としては、整形外科疾患である骨折、変形性関節症、脊椎疾患、関節リウマチ等の術前術後リハビリ。外科の術前術後のリハビリ。脳血管障害や糖尿病、呼吸器疾患等の内科系疾患のリハビリが主です。

特に整形外科や外科の手術後のリハビリは、できるだけ早い段階での早期離床に努め、各職種が連携して最善のサービスを提供し、家庭復帰、社会復帰のお手伝いをしています。

施設基準
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅰ
  • 運動器疾患リハビリテーション料Ⅰ
  • 呼吸器疾患リハビリテーション料Ⅰ

理学療法とは?

理学療法とは、病気・怪我・体力の低下による寝たきりなどによって身体が不自由になった人々に対して、身体と心の両面から機能回復・維持をはかる医療のひとつです。

主に身体機能の改善・廃用症候群の予防・早期離床を目指して運動療法や日常生活動作練習を行います。

運動療法では、関節可動域・筋力・バランス能力・痛みの改善などを通じて、起きる・座る・立つ・歩くなどの基本的な日常生活動作の運動が安楽に行えるように支援します。

また運動機能の改善だけでなく、身体機能の低下の予防にも取り組んでいます。特に病気の発症初期や手術後などにはなるべく早く離床や歩行を促し、心身機能の低下を防ぐ廃用症候群の予防も理学療法の役割のひとつです。

さらに日常生活動作練習では入院前までは普段から行っていた身の回りの動作を繰り返し練習します。また、必要に応じて居住環境の調整・適切な道具の使用・介護方法の指導などの助言を行うことで円滑に日常生活が行えるように支援します。

作業療法とは?

「作業療法とは、身体又は精神に障害のある者、またそれが予測される者に対し、その主体的な生活の獲得を図るため、諸機能の回復.維持および開発を促す作業活動を用いて、治療、指導および援助を行うことをいう。」

社団法人日本作業療法士協会

作業療法はその人らしい作業の再獲得、その人らしい新たな作業ができるように援助していきます。ここで「作業」とは人間が生きて行なう全ての行為、行動、活動(精神的、身体的)、動作をさします。

例えば、障害をもつと普通の人が日々何気なくしている作業ができなくなります。起きる、手を伸ばして何かをとる、食事をする、歩く、トイレに行く、服を着る、風呂に入る、上手く人と接することができない、 仕事に行くなど生活していくうえの全てのこと。

その人らしい「作業」ができるようになるために、色々な作業療法手段を使って一緒になって練習していきます。それが、食べる動作の練習だったり、関節を作業療法士が伸ばしたり、手工芸で手の運動の練習をしたり、 散歩をして気分をかえたり、季節を感じたり。その人らしい「作業」の障害(バリアー)となる住環境を整備したり、家族と相談したり、新たな価値観の提案をしていったり。と、作業療法はこのようなことを行なっています。