診療科・部門

放射線科

ようこそ 公立岩瀬病院 放射線科へ

1895年、レントゲン博士によってX線が発見されました。以来、X線は私たちの生活のなかでさまざまなことに活用されています。ことに医療に関しては病気の診断や治療に無くてはならないものとなっています。
当院放射線科では、様々な装置の性能を駆使し、患者さんの病気の診断や治療のために最高・最良な画像を提供できるようスタッフ一同、日夜努力しています。当院で実施している、代表的な検査内容についてご紹介します。

CT検査

CT検査

CTとはX線を多方向から照射し、検出器で得られたデータをコンピュータで処理することにより体の輪切りの画像を得る検査のことです。
当院のCT装置は東芝製のアクイリオン320です。このCTはMDCT(多列検出器型CT)と呼ばれるもので320列の検出器を持ち、検出器が体の周りを一 周する間に最大で320枚の輪切り像を撮影することができます。そのため短い時間で広い範囲を撮影することが可能になりました。撮影して得られた画像はコン ピュータ処理することで、いろいろな断面の画像や3D画像(立体的な画像)を作成することもできます。また、体の部位や体格の違いによりX線量を変えるこ とで被曝量を少なくする機能も搭載しています。

当院放射線科ではこの装置の性能を生かし、患者さんの負担を減らしつつ、高精度な画像情報の提供を行っています。

 

MRI検査

MRI検査

MRIは、磁気と電波を利用して体の内部や血管を撮影する装置です。CTとMRIは、対象とする部位や病気により使い分けられます。MRIは放射線を使用 せず、頭の内部や脊髄などCTが苦手とする部位の断面画像を得ることができます。その反面、肺の内部や骨折などCTの方が良好な画像が得られる部位もあり ます。

当院ではシーメンス社製マグネトム・アバント1.5テスラを導入しています。患者さんの不安や負担を軽減するあらゆる配慮 がなされた装置で、従来のものに比べトンネル部分の長さが短くなり、快適な検査環境を提供しています。超高速撮影により検査時間が短縮されただけでなく、 撮影可能な範囲が広範囲になり、より高画質な画像で質の高い診断を行います。地域の開業の先生方からご紹介の検査依頼に対しても、よりスピーディな情報提 供に努めて参ります。

 

X線TV撮影

X線TV撮影

X線TV装置とはリアルタイムに体の中を観察すること(透視)ができる装置のことです。

当 院では2台のX線TV装置(日立製VersiFlex VISTA,日立製EXAVISTA)があり、従来に比べて高精細な画像を得ることができる FPD(フラットパネルディテクター)というX線検出器を備えています。FPDは撮影した瞬間に歪みのない鮮明な画像を得ることができるので診断精度の向 上が期待できます。また実用上の劣化もないため低い被曝線量を維持できます。

X線TV装置は胃や大腸のバリウム検査をはじめ、血管の造影検査、内視鏡を使った消化管の検査や治療など様々な検査に使用されます。

X線撮影

X線撮影

X線撮影とは、体に照射されたX線が体内を透過する際の吸収差を利用して画像を作る検査です。一般にレントゲン撮影とも呼ばれます。当院ではデジタルX線写真であるCR(コンピューテッド・ラジオグラフィ)を導入しており、フィルムレス化を実現いたしました。体の様々な部分を撮影し、目的に応じて適切な画像処理を行い診断価値の高い画像の提供を行なっています。

マンモグラフィ

マンモグラフィー

マンモグラフィとは乳房撮影のことです。
片側ずつ撮影台に乳房を乗せ、板で圧迫をして撮影 していきます。乳がん検診の場合、通常49才以下の方は2方向、 50才以上の方は1方向で撮影します。症状があって外来を受診した場合は年齢に係わらず 2方向撮影する場合があります。撮影時間は1方向で約5分、2方向でも約10分程の検査です。
当院の診療放射線科では、より良い画質と情報を提供できるよう品質管理に努め、平成20年12月にNPO法人マンモグラフィ検診精度管理中央委員会より施設画像認定証を頂きました。
検査は専門の教育を受けた検診マンモグラフィ撮影技術認定技師(現在5名)が担当しております。
また、読影はマンモグラフィ読影認定医師(現在2名)が行っていますので、安心して検査をお受けください。

 

骨塩定量検査

CT検査
骨塩定量検査とは骨密度を測定し骨粗鬆症の診断に用いられる検査のことです。骨粗鬆症とは骨に含まれるカルシウムなどのミネラル量(骨塩量)が減少し、骨が非常にもろくなり、骨折しやすくなる状態のことを言います。
当院の骨密度測定装置はGE社製DPX-BRAVOで、2種類の異なるエネルギーのエックス線を照射し、骨と軟部組織に吸収されるエネルギーの差を用いる方法で骨密度を測定しています。この方法は被ばく量が極めて少なく、精度の高い測定ができます。また、検査自体は数分程度寝ているだけで終わってしまいます。
通常、骨塩定量検査は骨粗鬆症になった場合に圧迫骨折などの影響の出やすい腰の骨を測定しています。検査の診断精度を高めるために大腿骨頚部(股関節)も一緒に測定することもあります。
 骨粗鬆症は閉経後の女性に多い病気ですが、やせている人や運動不足の人、日光にあまり当たらない人なども骨粗鬆症になりやすいので、一度検査されることをお勧めします。