診療科・部門

栄養管理科

栄養管理科では「手作り」と「安心・安全」をモットーに、患者さんの回復と健康増進を目指した食事の提供と、栄養状態の改善を目指しています。

お食事について

入院中の食事は治療の一つです。栄養管理科では医師の指示により、約100種類の中から患者さんの状態に合わせた食事を提供しています。
食材は国産肉や、地元産野菜などを使用し、地産地消を心がけています。また、旬の食材を使うことで季節感のある食事を提供できるように努めています。

  • 献立例①

    献立例①

  • 献立例②

    献立例②

病棟の新築とともに厨房も新しくオール電化になりました。また、温冷配膳車を導入して患者さんに「温かい料理は温かいまま」、「冷たい料理は冷たいまま」提供することができるようになりました。

  • オール電化の厨房

    オール電化の厨房

  • 温冷配膳車

    温冷配膳車

よりよい療養生活を送ってもらうために

栄養管理科では患者さんに療養生活をよりよく過ごしていただくために「選択メニュー」や「行事食」の提供、「あい・カフェ」を実施しています。
「選択メニュー」では、一般食の方を対象にして毎週、水・木・金曜日の昼食・夕食の献立を2種類用意し、患者さんに食事を選んでいただけるようにしています。
「行事食」では祝祭日やイベントの際に季節感のある食事を提供しています。7月7日には七夕弁当を提供しました。
「あい・カフェ」では月に1回、患者さんにうるおいのある時間を過ごしていただくために、病棟ラウンジにてお菓子と飲み物を提供しています。お菓子は糖尿病の患者さんにも楽しんでいただけるよう低カロリーのものをお出ししています。また、毎回素敵なゲストをお呼びして楽しいイベントも開催しています。

「選択メニュー」

  • 選択食

    選択食

  • 基本食

    基本食

この日の選択メニューは「冷しゃぶ」でした。ちなみに基本食は「魚のムニエルトマトソース」でした。
みなさんはどちらを選びますか?

「行事食」

  • 行事食①

    行事食①

  • 行事食②

    行事食②

  • 行事食③

    行事食③

(行事食①)7月7日に行事食として七夕弁当を実施しました。メニューはフライ盛り合わせ・茄子の味噌かけ・アスパラのオーロラソース・季節のフルーツでした。
(行事食②)クリスマスの行事食です。ローストチキンとクリスマスケーキを提供しました。
(行事食③)お正月にも行事食を実施しました。この日もお料理はお弁当に詰めました。メニューはぶりの照り焼き・煮しめ・お浸し・フルーツきんとんでした。

「あい・カフェ」

どのおやつも手作りで、カロリーも100kcal程度になっています。飲み物はコーヒー、紅茶、緑茶から選べます。紅茶はとってもいい香りでお勧めですよ♪

栄養食事相談

入院患者さん、外来患者さんを対象に栄養食事相談を行っています。糖尿病や高血圧、脂質異常症の食事から、きざみ食やミキサー食、トロミ食といった食事まで、管理栄養士が患者さんの食習慣に合わせた食事療法を提案します。

フードモデルを使うことで、患者さんにとって分かり やすい栄養食事相談になるよう努めています。

NST(栄養サポートチーム)

医師・看護師・管理栄養士・薬剤師・臨床検査技師・理学療法士などのスタッフがチームとなり、入院中の患者さんの栄養状態改善のためのサポートを行っています。また、院内で勉強会や講習会を行い、適正な栄養療法の普及を目指しています。
当院は日本静脈経腸栄養学会のNST稼働施設に認定されています。

栄養管理科概要

  • 管理栄養士 6名
  • 事務員 1名
  • 調理師・調理員 17名
  • 食器洗浄員 7名
私達がお食事を作っています。

私達がお食事を作っています。