診療科・部門

鍼灸室(しんきゅうしつ)

鍼灸室へようこそ

 当院鍼灸室は、幅広い世代・疾患に対応した治療(施術)を行う完全予約制の鍼灸外来です。
 鍼(はり)や灸(きゅう)を用いて、他科と連携しながら地域の皆様が安心して健康的な生活を送れるよう心や身体の不調を取り除くお手伝いをします。
 東洋医学独自のアプローチで全身の不調・症状を総合的に判断するために、一見関係なさそうな症状も同じ原因としてまとめて診るケースが数多くあり、様々な症状がある、なんとなくつらい、苦しい、できることがないとお悩みの方も施術を受けることができます。鍼灸治療は大人やご年配の方だけでなく、小さなお子様、妊娠中の方、当院に入院中の方など幅広い世代の方が対象です。
 様々な不調でお悩みの方、ぜひ一度ご相談ください。
 
 

鍼灸って何に効くの?(適応疾患)

鍼灸は様々な疾患未病(病気の発生を防ぐ)、能力の向上に有効だと言われています。

また、WHO(世界保健機関)により下記の疾患が鍼灸の適応疾患であると認められています。

 

【神経系疾患】
頭痛・眩暈・不眠・自律神経失調症・神経症・神経麻痺・脳卒中後遺症・神経痛・ノイローゼ・ヒステリー・痙攣

【運動器系疾患】
腰痛・五十肩・関節炎・外傷の後遺症(骨折・打撲・むちうち・捻挫)・頚椎捻挫後遺症・腱鞘炎・リウマチ

【循環器系疾患】
動悸・息切れ・心臓神経症・高血圧・低血圧症・動脈硬化症

【呼吸器系疾患】
気管支炎・喘息・かぜ・かぜ予防

【消化器系疾患】
胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘・胆のう炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔瘻

【代謝内分秘系疾患】
バセドウ病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

【生殖、泌尿器系疾患】
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

【婦人科系疾患】
更年期障害・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊・乳腺炎・白帯下

【耳鼻咽喉科系疾患】
耳鳴症・難聴・メニエール症候群・中耳炎・鼻出血・鼻炎・蓄膿・咽喉頭炎・扁桃炎

【眼科系疾患】
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

【小児科疾患】
小児神経症(夜泣き・かんのむし・夜驚・不眠・偏食・食欲不振・消化不良)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

これらの他にも様々な症状の患者様が来室されています。

治療方法

当鍼灸室では最新の白川式頭皮鍼・手背鍼を中心に、体鍼、耳鍼、吸角(吸い玉)といった様々な手法を用い、患者様の状態や各々の症状に合わせて効果的な方法で施術を行っています。鍼はすべて日本製のディスポーザブル鍼(使い捨ての鍼)を採用しているため、衛生面でも安心です。

頭皮鍼

頭皮の筋肉層に針を入れていきます。

頭は頭蓋骨に覆われているため中へ鍼が入ることなく、また太い神経や血管がないので体への刺鍼より痛みが少ないといわれています。司令塔である脳へ働きかけるため従来の鍼治療より高い即効性があり、全身にバランスよく作用します。特に神経系疾患に効果が高い治療法です。

着替えたりせず座ったままで施術を受けていただけます。

耳鍼

耳にお花の種を貼り刺激します。

鍼治療の効果と反応

鍼灸治療は基本的に即効性があり、治療を始めると様々な身体の変化が起こります。

 経過が短い急性疾患の場合はその場で効果を感じられない方が多いですが、長期的・慢性的な症状やご高齢の方など変化を感じるまでに複数回の施術が必要な場合もあります。しかし患者様があまり変化を感じていない間も身体は変化しています。

 施術後に「これまでとは違うところが痛む」と新たな症状を訴えられる場合がありますが、これは特に強い痛みを感じていた部分が改善したことにより、これまでも症状はあったが感じていなかった部分が感じられるようになったということです。

 同じ症状でも患者様それぞれの体質や年齢、性別、症状の原因や経過により、治療の過程や方法が異なります。お話を伺い患者様の状態に合わせて治療を進めていきますのでご安心ください。

受診の流れ

○ご不明な点、ご質問等ございましたらお気軽に鍼灸室スタッフへご相談ください。